イクメン, FP, 文房具, 書籍, 仕組み作り

ジブン手帳で毎日を充実させる

自分の人生を楽しんでいますか?

清々しい朝と共に、月曜日が始まりました。

今日は、どんな1日になりますか?

今週はどんな一週間ですか?

クライアントと面談、大事なプレゼンの準備、子供の習い事のための準備、などなど。

今週もやらなければならないことだけやっていれば、すぐに終わってしまいます。

手帳、しっかり使ってますか?

ジブン手帳にやりたいことを書く

まずは、自分がやりたい事を書き出しましょう。最低20個は書きましょう。20個スラスラ書けた人は、書けるだけ書いて、そこから10個更に書きましょう。

1人ブレストです。書いて書いて書き出すことで、脳が活性化され、より真実に近づきます。本当は自分が何をしたいのかを。

ジブン手帳ならば、PROMISE LISTというページがあります。誰と何をしたいか、あらかじめ欄が設けてあります。人との約束事はここに転記しましょう。

やりたいことブレストは、IDFAに書き出すのがオススメです。IDFAを横向にして、広く使いましょう。思い出してください、小中高の黒板を。横向の長方形だったはずです。上下に書くよりも左右に書いた方が、俯瞰できるのではないでしょうか。

やりたいことの書き出しが終わったら、それを実行しましょう。故郷の母に電話とか、古い友人に連絡をとるとか、行動するだけで良いものは、どんどん手帳に記入しましょう。ウィークリーに書くのがオススメです。
世界一週をするとか、転職をするとか、色々と手順が必要な事も多いかと思います。そんな時は、細かく分けてみてはいかがでしょうか?

例えば、世界一週に行くのは、誰と?船で?飛行機で?費用は?それらを調べることも予定の1つとして、手順に記入していきましょう。

今週は何をしますか?

今日は何をしますか?

『幸せな人がこっそりやっている手帳の書き方』

人生をもっと楽しく前向きに暮らしたい方にはオススメの書籍です。ぜひお試しください。

イクメン, 文房具

今更ですが、Post Ever2を買いました。

日々の暮らし、クライアント様とのやりとりの記録、子育て、どこで何をしていたのか。

手帳に残したいのですが、なかなか時間がとれませんでした。

そこで、いつも持っているスマホをもっと活用することにしました。

紙の手帳は、子供がもう少し大きくなるまでサブにまわします。
さて、紙に残せない情報をどうするか。

こらまで使ってきたエバーノートを活用します。

ただ、子供を抱っこしながら、エバーノートを起動させ、記入するのはなかなか手間がかかります。起動にも時間がかかります。

選びに選んだのが、POSTEver2でした。

1日1ノートにまとめてくれるのが、良さそうです。

まずは960円の元を取るまで使いこなさないといけません。

文房具

初めての万年筆 kakuno

初めて万年筆を買いました。

初心者なので、パイロットのkakunoを選びました。

肩肘張らずに、カジュアルに使えそうです。


インクは青。キャップも青にしました。

ワクワクします。良いですね。
ちなみに、kakunoは万年筆初心者にピッタリです。何故なら、安いからです。

万年筆と、黒インクがセットで1,000円です。しかも説明書付きです。

万年筆を書く前のイメージは、重い、使いにくい、文字が太い、インクがドバドバでのびやすい、などです。

実際の写真がこちら。


字が汚い。すみません。

少しインクがのびますが、ゆっくりと書く時間がある場合なら問題なさそうです。

日常的にはボールペン、特別な時には万年筆を使ってみます。

使い慣れたら、しっかりした万年筆を買ってみたいと思います。