FP

外為オンライン iサイクル注文の検証

なぜiサイクル注文を採用したのか

完全自動の運用を目指し、外為オンラインのiサイクル注文を活用することにしました。

日頃は、私自身が株や為替で運用を行っています。しかし、自分に万が一があった時、運用を継続することは不可能です。完全手放しで、不労所得が入る仕組み作りが必要だと考えていました。

今回、たまたま臨時収入があり、運用していくことにしました。しかし、今回は運用者リスク、つまり、私の裁量が入らない仕組み作りを検討しました。

検討した条件としては、四つ挙げられました。投資対象がシンプルであること、利益確定と損失確定の両方が仕組み化されていること、簡単に始められて継続できること、換金リスクが高くないことでした。

外為オンラインについては、休眠口座があったため、すぐに始めることができました。

iサイクル注文の設定

極力シンプルに。外為オンラインのアプリからiサイクル注文を起動させ、少ない手数で発注できる注文を機会的に選択しました。ランキングで1番上に来た、ユーロ円トレンド(SMA)週足を選択しました。今日の朝1番で設定したので、ユーロ円の買いでスタートしました。スワップは、とか、手数料は、とか、何も考えずに強制的にスタートです。注文の詳細は以下に示しておきます。検索はランキング方式全ての通貨、現資金で可能な分のみ表示、過去1年参照、ポジション方向はトレンド追従。結果EURJPY、トレンド(SMA)週足、注文間隔50、最大ポジション12、想定変動幅600、必要資金102,000円

実際の設定画面がこちら。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中