FP

「30代、40代」どのくらい貯金しているの? 年代別貯蓄金額

勝ち負けではありません。自分の立ち位置を見つめ直し、健全に立ち直る機会にしましょう。

例えば、平均よりも多額の金融資産があったとします。それでも油断は禁物です。
家族構成、保有資産、保険加入状況、労働環境など、置かれている状況は様々です。

逆に、平均よりも少額でも理由があれば良いのではないでしょうか。計画的に多額の出費をした、田舎で自給自足の生活を手に入れた、等。

どちらにせよ、計画性が重要です。
計画が立てられないなら、他人に相談するのも良いのではないでしょうか。

行動するのは自分です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中