イクメン, FP, 仕組み作り

育児と介護の基本

育児と介護、本人だけでなく、保護者や介護者に多大なストレスを与えます。

身体的、精神的に辛いことも多いです。

最近では、ダブルケアという言葉もよく聞かれるようになりました。育児と介護がダブルパンチでやってくることです。

育児は、新しい命を育てることであり、自分を育ててくれた親や家族、社会に恩返しすることでもあります。

介護は、自分の親へ直接恩返しできます。もしくは、配偶者の親ということも多くあります。

育児も介護も、人間的にとても素敵なことです。
しかし、世の中のニュースを見ていると、そのストレスに耐え切れず、、、という内容のものを見聞きします。残念なことです。

この育児介護ストレスを考える上で、基本となる、大前提があると考えています。
それは、『手が出せないなら、口は出さない。』

簡単なことですが、これがなかなか難しいことです。

配偶者や、兄弟等の育児介護に対して、つい口出しを、したくなることがあります。

ただし、それには先に行動が必要です。

一緒に行動をして、チームとなったのちに、初めて口出ししましょう。

手が先。口は後。

大事なことなので、もう一度申し上げます。

手が先。口は後。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中