FP

株式と薬の類似点

2017/05/07の日経新聞の一面記事は、『投信不信 迷うマネー 14年ぶり資金流出』です。

この、題名を見て何か思うことはありませんか。

迷うマネーは、よく分かります。もともとお金は留まるものではなく、流れるものです。迷って然るべき。循環することで付加価値を生み出します。

一方、前半の投信不信、これはよく分かりかねます。分からないと言うよりは、違和感があります。
グローバルソブリンオープン(通称グロソブ)が発売された当時、盲目的な素人投資家が大挙しました。その後も御利益にあやかろうと、沢山の毎月分配型投信が世に送り出されました。

今でも資産運用のご相談に来られるクライアント様で、グロソブ等を赤字保有されてる方をよく見かけます。

投信を信用していたと言うよりは、何もわからず、毎月分配金がもらえる商品は、魔法のような商品だと感じて購入していたということです。

本題の、株式と薬の類似点。

それは、セット商品があると言うことです。

投資信託は、その中身が株式や債券などの集まりです。1つの商品であれもこれも買えます。投資先が広がる分、不確定要素も増えます。

薬には配合剤、配合錠と言うものがあります。これも薬を合わせたセット商品です。同じように、元の薬それぞれの副作用リスクを負うことになります。

株式と薬、どちらも1つ1つを選択することで、リスクリターンは明確になります。しかし、どちらも選択には高度な知識が必要になります。選択しきれない場合、セット商品の利便性が生かされます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中