未分類

ゴールドマン、6月利上げ確率を90%に引き上げ 雇用統計受け

[ニューヨーク 5日 ロイター] – ゴールドマン・サックスは5日、朝方発表された4月の米雇用統計を受け、連邦準備理事会(FRB)は90%の確率で6月に追加利上げを決定するとし、従来予想の70%から引き上げた。

 5月5日、ゴールドマン・サックスは、4月の米雇用統計を受け、FRBは90%の確率で6月に追加利上げを決定するとし、従来予想の70%から引き上げた。写真は同社ロゴ。シドニーで昨年5月撮影(2017年 ロイター/David Gray)
ゴールドマン・サックスは今回の雇用統計の中身は堅調だったと指摘。失業率は前回のサイクルの最低水準と一致する4.4%に一段と低下し、FRB当局者が見込む構造的水準の4.7%を0.3%ポイント下回ったとした。

http://jp.reuters.com/article/gs-forcast-idJPKBN182030

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中