FP

DJより 日本勢による新たなヘッジ取引の可能性

GMOクリックで読んだ記事。

詳細はDJへ。
外為市場では、23日に行われたフランス大統領選の第1回投票の開票状況を受け投資家が新たな取引の確定に動く中、対円でユーロとドルが急伸したため、日本の輸出企業による新たなヘッジ取引が予想される。
バンクオブアメリカ・メリルリンチのチーフ日本FX株式ストラテジスト、山田修輔氏は、仏大統領選の第1回

投票結果について大方の予想通りとの見方を示した。また、市場では、海外時間の展開と同様、日本の機関投資

家が今後どういった動きに出るかにも注目が集まるだろうという。さらに、ドル安・円高というこれまでの傾向

が一服するか、それとも反転するのかが注目されると指摘した。
ドルは現在、110.03円付近で推移している。

-0-
Copyright (c) 2017 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中