未分類

2030年問題大変なことが起こるかもしれません。

2025年問題は、日本人なら知っている方が多いと思います。団塊の世代の方々が後期高齢者になる年です。
年金も、税金も、今の仕組みのままでは絶対に上手くいきません。経済が右肩上がりを続けるという大前提はもう崩れているからです。そのツケを払うのは、これからの若者です。

日本が2025年問題を迎えた5年後、地球規模で大問題が発生します。なんと、北極の氷が消えてしまうのです。
温暖化はますます進み、人が住む場所にも変化が生まれているかもしれません。

今できることは、無駄な贅沢を省くこと。断捨離や持たない暮らしが見直されている今、本当の贅沢を考え直すいい機会かもしれません。

北極の氷が消える? 2016年は未曾有の異常:日本経済新聞

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO13030370X10C17A2000000/

未分類

政治や経済は、サイコロを振って物事が決まるわけではない。その背後には権利と欲望が渦を巻いている。

特にアメリカの政治経済を動かしている人物に注意を払う。そうすることで世界のお金の向かう先が分かる。投資から得られるリターンも上がる。

「ゴールドマン政権」の虚実 トランプ氏と6人の距離:日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO13111810Q7A220C1I00000/

未分類

古代の巨大ペンギン、1m50cmもあるのだとか。それより驚きなのが、現存するコウテイペンギンも同じぐらい大きいということ。

巨大な恐竜は、生きるために多くの酸素が必要なはず。大気の構成が変わって死滅したことも考えられる。
大きなペンギンが生き残っているのは、ペンギンの呼吸が、効率的なのだろうか。

古代の巨大ペンギン、恐竜と共存 NZで発見の化石で判明 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

http://www.afpbb.com/articles/-/3119007?act=all