未分類

古代の巨大ペンギン、1m50cmもあるのだとか。それより驚きなのが、現存するコウテイペンギンも同じぐらい大きいということ。

巨大な恐竜は、生きるために多くの酸素が必要なはず。大気の構成が変わって死滅したことも考えられる。
大きなペンギンが生き残っているのは、ペンギンの呼吸が、効率的なのだろうか。

古代の巨大ペンギン、恐竜と共存 NZで発見の化石で判明 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

http://www.afpbb.com/articles/-/3119007?act=all

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中