未分類

AIはあくまで医師の診断を助ける良きツール:日経メディカル

ITが普及して、セルフメディケーションも進んできている。その正確性はさておき、患者も多くの情報を持っている。それでも医師は必要とされている。
AIが普及すれば、医師は不要か。それは無い。AIは知識の量でしかない。患者の家族構成やライフスタイル、それらを加味して治療は行われる。
AIは医療医学の知識は膨大だが、患者背景は全く知らない。

患者個人の情報を、どのように、どこまでデータとして集約するのか。それが今後の展開を握る。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t285/201701/549722.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中