未分類

日経ヴェリタス 第448号 流し読み

一面『アジア 新VIP旋風』ベトナム、インド、フィリピンの頭文字から、新VIPと呼ばれています。いずれの国も中間所得層が増え、消費が伸びています。内需拡大が景気の好循環を呼んでいる構造です。旧VIPのインドネシアは、資源価格下落で体力が落ちています、

『ドル高の勢い一服』

二面三面四面は新VIPの経済動向。ETFの紹介もされていて、好印象でした。

七面『米MMF新規則 広がる波紋』(高まる邦銀のドル調達コスト)ドル調達コスト増により、銀行の収益を圧迫する可能性があります。銀行と言えば、明日はドイツ銀行がまた相場をかき乱すかもしれません。

十面『(12月利上げ)に市場身構える』12月FOMCでの利上げを7割織り込みました。『危機感あれど動かぬG20』G20に何を求めての記事でしょうか、分かりかねます。経済の低成長が政治不信を高め、成長力を押し下げる負の連鎖が懸念されます。日本は既にどっぷり政治不信な気がします。デフレから脱却できたなら、商品の価格を下げる企業は多くないと思うのですが、どうでしょうか。

十三面『社債の割高感増す 混乱起きれば買い場』(反グローバリズムや支配者層への反発など不確実性が高い時代だ)同じようなことを以前本で読みました。お金のながれでわかる世界の歴史です。

十八面『個人型DC、SBI系伸び数最多』iDeCoの話です。来年からの制度改定前に、もっと多くの情報発信が必要だと感じています。

四十八面『空売りファンド上陸の波紋』ご高名な方々のケンケンガクガク。確かに公正な価格形成に悪影響があるかもしれません。しかし一方で、他人から見て、情報発信が不足しているから指摘されたとも捉えられます。法に触れないのならば。後は品位の問題かもしれません。

五十二面『中古マンション売り時逃すな』在庫増。高値警戒感も出始めています。

五十七面『ECB、次の一手は緩和縮小?拡大?』超低金利の問題の1つに、出口戦略の難しさがあります。金利上昇への準備は不足しています。日本も他人事ではありません。

五十九面『日銀の追加緩和 当面ない』
以上個人的まとめです。NISAの出口戦略についても、記事を続けていただきたいものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中