FP

確定拠出年金で損をしないために考えること

最近確定拠出年金についての相談を受ける機会が増えてきました。

その背景には、転職者の増加、女性の更なる社会進出、新制度の施行などがあるかと思います。

もちろん、将来の年金に対する不安感は年々増大しているように感じます。

 

ご相談いただく際に、まず最初に聞かれるのが、「お得なんですか」といった類の質問です。

非常に答えが難しい質問だと思います。

同時に、日本人の金融に対する知識不足を感じ、焦ることもあります。

なぜなら、保険の見直しを相談されるケースでも、「お得ですか」と聞かれるからです。

確定拠出年金と保険、違うジャンルの話なのに、同じ質問をされてしまうのです。

何かを始める前に、もう一度WHY?WHY?WHY?と問い直してみてはいかがでしょうか。

なぜ、確定拠出年金を始めるのですか。なぜ、保険に入るのですか。何が不安なのですか。

 

確定拠出年金の場合、年金資産の形成が目的です。

国が責任を持てなくなった将来の備えを、個人が責任をもって備えていこうというものです。

ですので、国からの支援が多くあります。

1つが、コスト面での優遇です。

投資で利益を上げるには、コストを下げることも重要です。

売買手数料、維持費、利益にかかる税金などで通常の投資より「お得」です。

 

しかし、お得だからと言って、やみくもに加入すればよいというわけではありません。

やはり、人生とお金の設計図があって、それからの行動にするべきです。

NISAよりもメリットが多いからと言って、確定拠出年金を始めるのはお薦めできません。

確定拠出年金は、年金資産の形成ですので、長期運用が大前提です。

老後にようやく帰ってくるお金です。

月に3万円の貯金をしている家計が、全額確定拠出年金に回してしまうと大変なことになります。

教育資金や、車・家の買い替えや維持費など、お金のかかるイベントは山のようにあります。

しっかりと将来設計をして、どの資産をどのイベントに充てるのかを考えることが重要です。

 

将来設計のお手伝いや、見直し、資産運用の見直しでお困りであれば、我々FPがお手伝いいたします。

将来のために、確実な備えをしていきましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中