FP

GPIF保有銘柄の公表へ。問題は?

国民年金と厚生年金を運用している、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、

保有銘柄や時価総額などを全面開示することを決めたそうです。

株については、銘柄名、コード、株数、時価総額が公表されるそうです。

私は公表することには反対ではありません。

自分たちの年金がどのように運用されているのか、知りたいですから。

 

先日、年金の運用によって、5兆円の損が出ていると話題になりました。

参院選挙においても一部話題になりました。

私は損が出てもいいと思います。

株価は上下するものなので、常にプラスは難しいでしょう。

問題は、今ではなく、将来です。

年金の積立額が足りないから、株式への投資ウェートが引き上げられました。

それも問題ではないのです。

もっと先の話です。

日本の人口は減少していきます。

年金の受給者は増え、積み立てる人口は減っていきます。

どうなるのでしょうか。

当然運用している資産を売却しなければなりません。

いつ売るのでしょうか。

クジラと言われるほど巨大なGPIF。

しっかりと先の先まで見越していただきたいものです。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中